いろんな国東を見つけよう!

旧千燈寺跡

きゅうせんとうじあと

今は廃寺となっていますが、養老2年(718年)に国東六郷満山寺院を開基したといわれる仁聞菩薩が最初に開いたのが千燈寺です。現在の千燈寺は県道沿いに位置しています。旧千燈寺には本堂跡に半肉彫りの仁王像がひっそりと佇んでおり、来る者を迎えます。また、石畳を進むと奥の院、仁聞菩薩の入寂(最後)の地、五輪塔群、五辻不動尊まで歩いて散策できるコースとなっており、古代のロマンを垣間見ることができます。

住所 国東市国見町千燈
連絡先 文化財課
クレジットカード対応 非対応
ATM 無し
大分空港からのアクセス 車で約50分

※上記情報は変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。